リロケーションって何?

リロケーションとは、所有している住宅を転勤などに際して一時的に離れるときに、その住宅を他の誰かに貸して賃貸収入を得ることを指します。長期の転勤では特に住宅の処遇を考える必要がありますが、その期間中お部屋を貸していれば、金銭面における恩恵を受けることができますので、近年話題になっています。いわば賃貸住宅のオーナーのような立ち位置になり、賃貸収入を手にすることが可能です。

リロケーションのメリットは金銭面だけに留まりません。リロケーションにはお部屋の管理を、新たにそこへ住む方にしてもらえるというメリットがあります。お部屋は締め切っていれば、ジメジメとしてしまい、カビやほこりも溜まることになりますが、そこへ住む人がいれば、日々窓を開けてくれて換気をしてくれることになり、また掃除もしてくれることになりますので管理が行き届くことになります。もちろん家賃収入を得られるという恩恵も大きく、転勤時には出費も嵩むことになりますので、収入はありがたいものですよね。むしろリロケーションを行わず、空き家のままにしてしまうと、空き巣や放火、近隣トラブルから住宅を守れないというデメリットが発生してしまいますので、転勤に際してリロケーションを行う人が増えてきているのです。