見積もりサイトを利用しよう

リロケーションを行うまでの流れとしては、まずはリロケーション会社との契約を行い、入居者を募集、入居後は賃貸料金の回収、リロケーションを終わるときには契約を解約するというのが一連の流れとなります。リロケーション会社は多数あり、会社によって契約内容や特徴はさまざまですので、慎重に選んでいく必要があります。月々いくらくらいの家賃収入が発生することになるのか、入居者の集客率は良いかどうかなど、会社の特徴を見極めていくようにしましょう。

リロケーション会社選びは、1社1社見積もりを出してもらうのが王道ですが、これだと時間がかかってしまい非効率的です。そこでおすすめなのが見積もりサイトを利用するという方法となります。より高くマンションや一戸建て住宅を貸すために、リロケーションサービスを行っている不動産会社を比較できる一括見積もりサイトを利用すると物件の情報を入力するだけで複数社から無料で見積りがもらえますので会社選びを効率的に行うことが可能になります。

リロケーション会社の詳細情報についても掲載されており、連絡も取りやすくまとめられていますので、ぜひ見積もりサイトを活用してみてください。お目に適うリロケーション会社が見つかったら電話や電子メールで連絡を取り、実際に住宅の状態を見積もってもらうという手順になります。サイトを活用していれば比較検討もしやすいので本当におすすめです。

リロケーションって何?

リロケーションとは、所有している住宅を転勤などに際して一時的に離れるときに、その住宅を他の誰かに貸して賃貸収入を得ることを指します。長期の転勤では特に住宅の処遇を考える必要がありますが、その期間中お部屋を貸していれば、金銭面における恩恵を受けることができますので、近年話題になっています。いわば賃貸住宅のオーナーのような立ち位置になり、賃貸収入を手にすることが可能です。

リロケーションのメリットは金銭面だけに留まりません。リロケーションにはお部屋の管理を、新たにそこへ住む方にしてもらえるというメリットがあります。お部屋は締め切っていれば、ジメジメとしてしまい、カビやほこりも溜まることになりますが、そこへ住む人がいれば、日々窓を開けてくれて換気をしてくれることになり、また掃除もしてくれることになりますので管理が行き届くことになります。もちろん家賃収入を得られるという恩恵も大きく、転勤時には出費も嵩むことになりますので、収入はありがたいものですよね。むしろリロケーションを行わず、空き家のままにしてしまうと、空き巣や放火、近隣トラブルから住宅を守れないというデメリットが発生してしまいますので、転勤に際してリロケーションを行う人が増えてきているのです。

転勤とお部屋の問題

転勤の辞令が出たあとにはすべきこともいっきに増えることになります。仕事の準備は勿論のこと、私生活においても激変することになり、特に住居については処理すべきことも多数発生することになり、まさにてんてこ舞いといったところです。マンションや一戸建て住宅を既に購入していて住居の管理が必要ならば誰かに任せる必要も出てきます。賃貸住宅に住んでいる場合には契約を切ってお部屋を引き払う必要があります。加えて転勤先の住居を用意する必要があり、賃貸住宅の情報を調査したり契約を結んだりと、しなければならないことは山積みしています。中でもやはり一番の問題になるのがお部屋の問題で、急な転勤だとお部屋の用意が間に合わないということもありますので、転勤が決まったらその時点でお部屋だけは確保しておくことをおすすめします。

もしも既にマンションや一戸建て住宅を所有していて、そこに住んでいるという場合には、住居を空けることになるわけですが、このとき自宅をどうするのかについては考えものです。そのままお部屋を誰も管理せずに放置していれば、物件はどんどん劣化していくことになりますので、ある程度管理してもらえる方法を考えておく必要があります。夫婦で暮らしていたならば、単身赴任という形にして、嫁さんに管理をしてもらうという方法も1つの手と言えますね。この他にも空き家を管理する方法として有効なのが「リロケーション」です。当サイトではリロケーションとはどのようなことなのかご案内していきます。